ブーツのケアについて

ブーツのケアについて

女性,水虫,原因,治療法,病院,ケア,

特に夏場のブーツの中身などは、
水虫が繁殖するのに最適な環境です。

 

ブーツは最も水虫になりやすい靴とも
言われています。

 

湿気のこもりやすい靴を
何日も履き続けているとなおのこと
水虫は増殖してしまいます。


夏に限らず、冬場もブーツの中は
湿気がこもりやすく、水虫の菌が活発に
活動しやすい環境になっています。

 

ブーツは革製品で、通気性が悪く、
足首から膝までを覆ってしまいます。

 

 

またブーツを履くときは、大抵ストッキングか
タイツを履きますが、ストッキングもタイツも
吸水効果がありません。

 

ブーツ+ストッキングまたはタイツは、
足が非常に蒸れやすくなります。

 

水虫の原因である白癬菌が繁殖するには
これ以上ない絶好の環境になってしまうのです。

 

 

それでも、ファッションとして
ブーツをあきらめたくないのが女心。

 

というわけでブーツを履くときには、
毎日続けて履かないようにしましょう。

 

同じものを毎日履き続けると、
ブーツの中の湿気がこもってしまいます。

 

必ず別の靴とローテーションで
履くように心掛けましょう。

 

 

また、ブーツを脱いだ後は新聞紙を
ロール状に丸めたものをブーツの中に
入れておくのもおススメです。

 

新聞紙が湿気を吸い取ってくれる上に、
ロール状の新聞紙がブーツの形も
整えてくれます。

 

 

使用しない間は、乾燥剤などを
ブーツの中に入れておくと良いでしょう。

 

 

「足が蒸れて臭う」という自覚症状が
出てきた場合は、水虫の可能性も大です。

 

そうした場合には、水虫のケア、
薬を塗るなどの治療をするとともに、

 

「ストッキングやタイツではなくて、
 綿の靴下を履く」

 

「ストッキングの場合は
 日中一度履きかえる」

 

と、足が蒸れたままの状態に
ならないようにすることも大切です。