他人に水虫を伝染させない

他人に水虫を伝染させない

水虫のケアとして、足を清潔にし、
しっかりっと乾燥させて、水虫薬を塗ったら
清潔な靴下をはいて自分の足を守りましょう。

 

水虫のケアをした後に靴下をはくことは
家族や同居人に水虫を伝染させないために
非常に重要です。

女性,水虫,ケア,感染,伝染,

なぜかというと、水虫に感染している足から
白癬菌のついた角質が剥がれて、
家族や同居人に感染させてしまうからです。

 

そうならないためにも、
家族や同居人がいる場合には、
タオルやマットは別々に。

 

風呂上りに脱衣所に敷いてあるタオルも
水虫の足を拭いた後のマットも
面倒だからと使いまわさないようにしましょう。

 

 

自分が使った後はそのまま洗濯カゴへ。

 

 

「洗濯物を別にしたほうがいいの?」

 

と気になる方もいますが、
洗濯用洗剤はかなり強力な洗浄力を
持っています。

 

さらにその後しっかりすすぎ、
さらに乾燥させて使うものですから
洗濯は家族のものと一緒で大丈夫です。

 

 

また、注意しなければならないのは
タオルや足拭きマットだけではありません。

 

家族や同居人への感染を防ぐためにも
畳、じゅうたん、マットなどの掃除は
こまめにするようにしましょう。

 

こうした生活空間におちた角質から、
水虫に感染してしまうこともあるからです。

 

 

また、スリッパを使っている場合には、
共有ではなくて自分のものを使うように。

 

靴やサンダルも、
家族や同居人だからといって共有せずに、
個人個人のものを使うようにします。

 

 

そして、水虫の部位を触った後、
薬を塗った後などは、その手に付いた
白癬菌から感染してしまうこともあります。

 

水虫の部位を触った後は
手を石鹸でしっかり洗うことも忘れずに。